倉敷デリヘルでぽっちゃり娘を体験

倉敷デリヘルでぽっちゃり嬢と思わぬ体験

倉敷デリヘルを利用した際に指名した女の子は俺好みのモデル体型ではなく、ポッチャリ体型の女の子だった。洗体で付いた泡を流す際に、俺が持つ下半身の異変に気が付いたぽっちゃり娘は少し笑みを浮かべ、キスをしながら手コキをしていたずらを仕掛けてきたが、何とか耐えて、浴槽へと移動した。デリヘル嬢が来る前段階ですでに浴槽にお湯を張っていたので、二人で浴槽に入った。浴槽のお湯が溢れると予想していたので先にぽっちゃり娘に入ってもらい、俺が後から入ることによって女の子を傷つけないままお湯を溢れさせた。
お湯につかり向き合うように体育座りをしていたのだが、すぐに女の子が座位の体制で俺の上へと乗っかってきた。もしかするとベッドの上では重量を感じてしまうかもしれなかったが、水の中なので重さを感じることはなく女の子の柔らかさを存分に楽しむことができた。無我夢中で巨乳にむしゃぶりつき、潜ってお腹に吸い付いたりして遊んでいると、女の子は仕返しとばかりに座位の姿勢を解除して潜望鏡の体制に入った。倉敷デリヘルなのにまるでソープのような体験ができるのでワクワクしていた。そんな俺は潜望鏡初体験だったのだが、どんな快感が襲ってくるのか…とてもワクワクしていた。

倉敷デリヘルのぽっちゃり嬢の魅力に撃沈

>
プレイが進み潜望鏡の体制に入った女の子は、最初は口でイカせようとしたが、俺が中々声を上げないのを察して巨乳を使って攻撃してきた。一分もしないうちに快感の波が押し寄せてイキそうになってしまった俺は思わずぽっちゃり娘の二の腕を掴んでいた。しかし、耐えるために掴んだ二の腕は思いのほか柔らかく、腕からも快感が伝わって、俺は浴槽で一回目の射精を迎えた。射精の際に倉敷デリヘル嬢の顔にかかり、願射となってしまったが、女の子は浴槽のお湯で顔を洗うと、俺に人懐っこい笑顔を見せてきた。不意打ちで見せられた女の子の笑顔に俺はモデル体型が好みのタイプだったはずなのにドキッとしてしまっていた。
(この人懐っこい笑顔、どこか安心させる柔らかさがぽっちゃり娘の魅力なんだ)
そう日本でのぽっちゃりブームに納得した俺は、混浴の後にベッドへと移動してからもぽっちゃり体型の倉敷デリヘル嬢の底力の前に撃沈して、90分のサービスの間に3回も射精をしていた。女の子が部屋から帰った後も衝撃で動くことができず、大の字で寝ていた俺は、出会い系サイトの好みのタイプをモデル体型からぽっちゃり体系に変更して眠りについた。これから倉敷デリヘルはもちろん、風俗に行ったらぽっちゃり体型の女の子を指名しても良いかもしれないと思った。
倉敷風俗求人で最も高収入の風俗求人に応募してください。