広島熟女風俗のM女が語る

広島熟女風俗のM女が教えるSM店利用のポイント

広島熟女風俗のM女が興奮した指令

私は広島熟女風俗のSM専門店で働くM女です。風俗業界で働き始めてから今まで数々のお客さんとの性行為を楽しんできました。私がMだということでみなさんたくさんの命令をしてくださるのですが、特に私を興奮の渦へと誘った指令があります。今日はプロのMである私を最高の興奮を起こさせた指令を紹介するので、今後広島熟女風俗のSM店を利用する予定のある人は参考にしてください。

M女に「虐めろ」と命令


M女は基本的に受け身です。にも拘らず「俺をいじめてみろ」という命令は受け身の私にとって難解なものでした。M女はご奉仕することで男性が気持ち良くさせ、その男性の姿をみて嬉しくなり興奮する生き物だということに気が付いたとき、この要求は普段のM行為とさほど変わらないと思いました。しかし、それは大きな間違いであることに気が付いたのはそう時間がかかりませんでした。ご奉仕することで喜ぶのはSっ気たっぷりの男性だけだったのです。いじめて欲しいという要望を出してきた男性はMであり、ただご奉仕するだけでは物足りない様子でした。

困っていた私だったのですが、ここで追い込まれた私にお客さんは目で早くしろと訴えてきました。私の身体に電気が走るような感覚を覚えて気持ち良いと感じたのはそのときでした。これまで一方的に相手の要求に大人しく答えるだけで相手も自分の性欲も充足していたのに、目の前のM男さんには通用しない。ならばどうするか。答えは簡単で自分を偽り女王様としてM男性をイジメることでした。

自分で考えてサービスを行う必要性に気付く


お客さんも振り切った私のサービスに満足してくれたようで、以降も定期的に利用してくれるリピーターとして何度もプレイを重ねています。ご奉仕とはただ単純にお客様の言う通りにすればよいものではなく、自分で考えお客様がどうすれば満足してくれるのかを追いかけ続けなければ成り立たないものだと気付いたそれからの私はM女として一皮むけたと言っても過言ではありません。現に広島熟女風俗のSM店のM女部門で一位に輝いており、シフトをいれれば予約ですぐに埋まってしまうという状況にありがたさしか感じないです。

相手が無茶苦茶とも思える要求してきたときは、単純にご奉仕するのではなくひとつサービスを上乗せして提供してM欲もお客さんの性欲も満たしてあげましょう。またS男性の方はM女のサービスが物足りないと感じたとき上のようなM女が困る質問をすることで女が成長することに繋がるのでぜひ試して最高の風俗でのひと時を楽しんでくださいね。