広島熟女風俗のソープを体験

○広島熟女風俗のソープで濃厚プレイを堪能する

中国地方の歓楽街である広島ソープへとやって来た俺は女性の品の良い佇まいに感動を覚えている内に、即尺というまさかの一手で電光石火のごとく一度目の射精を迎えていた。落ち着く間もなく巨乳やたわしを使った洗体サービスで再び元気を取り戻した下半身だったが、広島熟女風俗のソープ嬢はピンッと一度はじくと何をするでもなく泡を流して二人で浴槽へと入った。浴槽では潜望鏡というソープならではのプレイを行ったが、もう少しで最高の快感を得ることができるというときに限って、女性は動きを弱めてしまったり、あえて力を入れることで勢いを止めたりして俺は中々イクことができずに、ドロドロ液体を体内に溜め込むという健康に良くない状態に陥っていた。結局浴槽ではイクことを許されないまま、パンパンに膨れ上がったイチモツを俺はぶら下げたままマットへと移動を開始した。いつになったら発射することが許されるのだろうか、不安げに女性を見つめると女性はフッと笑い、俺の耳元で囁くように呟いた。「あと5分我慢出来たら、特別サービスしてあげる」。ここから広島熟女風俗のソープ嬢とのプレイはさらにディープになっていく。

○広島熟女風俗のソープ嬢との生本番

女性の前立腺刺激やローションボディマッサージ攻撃に何とか耐えることができた俺は、ソープの醍醐味である本番行為を行うためにベッドへと移動していた。いったいどんな特別サービスを利用できるのだろうと期待の目で女性を見つめると、通常の風俗ではありえない衝撃的な発言をしてきた。「5分我慢できたから、特別に生で本番させてあげるね」。まさかの生挿入の許可だった。我慢強い息子へと成長させてくれた母ちゃんに心の中で感謝を告げながら、布団の中で熱いキスをしたり、下半身をいじり合ったりしている内に3度目の射精に向けて俺の下半身は復活を果たした。「じゃあいっぱい我慢してくれたご褒美だよ」。女性は俺に笑顔で告げると、上に跨ってきた。ゴムでは感じることの出来ない生だからこそ伝わるヒダヒダ感に思わずイキそうになるが、生本番を一秒でも長く楽しみたい、女性を何とか気持ちよくさせてあげたいと思った俺は必死にイカナイ程度のピストン運動で女性をじわじわと攻撃し始めた。すると徐々にではあるけど女性の息遣いが変わったのを察した俺は、ここぞとばかりに激しく動き女性が絶頂の声をあげたと同時に中出しをして広島熟女風俗のソープにおけるサービスが終わった。